Automagi、パナソニックに屋内位置測位ソリューション「Ten Degrees」のライセンス提供を開始

〜「Ten Degrees」がパナソニックの屋内外位置情報ソリューションで採用されました〜

Automagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下パナソニック)に対し、Automagiが提供するスマートフォンでの高精度屋内位置測位ソリューション「Ten Degrees」のライセンス提供を行う契約を締結し、同ライセンスの提供を開始致しました。

パナソニックは本ソリューションを組み込んだ屋内外位置情報ソリューションを、2016年9月より法人顧客に対して提供を開始致します。

 

高精度屋内位置測位ソリューション「Ten Degrees」は、Automagiが出資している屋内位置測位技術で世界的にも有数の技術を保有するTen Degrees, Inc(本社:アメリカ合衆国アイオワ州、CEO:Jobe Price 以下、Ten Degrees)が開発・提供するもので、Automagiが日本国内での独占販売権を取得しております。

 

Automagiとパナソニックは、屋内位置測位の領域に関して、2013年11月より両社で密接な連携を行い検討を進めてまいりましたが、複数の実証実験をとおしてTen Degreesの技術が高い水準にあるという検証が完了し、加えて市場から屋内位置測位に関するニーズが急速に高まってきたことを受け、今回正式に両社でライセンス提供の契約を締結致しました。

AutomagiはTen Degreesのライセンス提供と技術サポートを担当し、パナソニックは、独自に開発したBLEビーコンとTenDegreesを組み合わせ、法人顧客に対してシステム構築、設置設計、地図作成までワンストップのサービスを提供し、両社で各種施設や店舗、工場などの運営改善・効率化を推進していきます。

 

AutomagiはBLEとセンサーを使った物品や人の状況可視化ソリューション「Blu-trail」の提供など、IoT/位置情報分野での企画・開発実績を有しており、これらの事業から日々フィードバックされる顧客企業のニーズやユースケースを分析し、「Ten Degrees」をはじめとしたIoT分野のソリューションをB2B/B2Cのビジネスシーンに今後も提供してまいります。

「Ten Degrees」 概要

主な機能:

  • 屋内経路測位:ビーコン(BLEなど)を各所に設置するだけで、スマートフォン利用者の屋内での位置を 1.5 メートルの高い精度で位置測位することを可能にします。
  • ナビゲーション:指定した目的地までのナビルートを表示します。
  • 統計分析:取得した位置情報ログから動線再生、ヒートマップ、エリア別滞在ヒストグラム、といった分析結果を出力することができます。
  • Web管理画面:施設画像やビーコンなどの登録情報を、管理画面で一括管理することができます。

測位技術について

製品紹介資料から抜粋

 

1) 測位技術の概要

自律航法技術とBLEビーコンのハイブリッド技術で、高精度の屋内測位 / 移動ログの取得分析を実現します。

ten-degree-overview-panasonic

2) 設備投資コストを最小化する仕組み

自律航法と位置補正Beaconを併用することで、必要な設備投資コストを最小化します。

ten-degree-overview-panasonic-2

分析例

ヒートマップ、動線表示、エリア別滞在状況などの分析が可能 (画像はイメージ)

ten-degree-overview-panasonic-3
ten-degree-overview-panasonic-4

お問い合わせ先

Automagi株式会社
TEL
E-mail
URL
事業開発部 清水(しみず)
03-5333-6131
pr@automagi.jp

Automagi株式会社について

Automagi株式会社はIoT(Internet of Things)/データ解析をキーワードに、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムの開発を担当し実績があります。これら自社開発ノウハウを活かし最先端のIoT/データ解析分野のソリューションの開発・提供を行っております。

設立
本社
資本金
代表取締役社長
スタッフ数
事業内容
2010年6月4日
〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティタワー28階
336百万円
櫻井 将彦
50名 (2015年3月31日現在)
・最先端のIoT/データ解析分野のソリューションの自社製品開発・提供
・大規模データ処理、高速処理をキーワードにした、通信キャリアや大手企業向けの大規模ユーザシステムの開発事業
・自律型エージェント(AI)、知識データベース、機械学習ソリューションの開発・提供
・海外技術企業の日本市場開拓サポート、事業立ち上げ