NTTデータの物流画像判別AIエンジンの適用実証で、 ディープラーニング(深層学習)を活用した開発に協力

~多様な荷物の荷姿、寸法、取扱い、汚破損などを画像から自動判別~

独自開発のAI(人工知能)ソリューション「AMY」(エイミー)を提供するAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:岩本敏男、以下NTTデータ)が2016年12月から2017年3月の期間で実施した物流画像判別AIエンジンの適用実証の調査業務において、ディープラーニング(深層学習)によるAIエンジンの開発に協力したことをお知らせいたします。

NTTデータが経産省に提案し、平成28年度に採択された「IoT・人工知能技術の活用による物流効率化のための調査事業」において、AutomagiはNTTデータからの委託を請け、世の中に流通する多様な荷物の荷姿、寸法、取扱い、汚破損などを画像から自動的に判別する物流画像判別AIエンジンを、ディープラーニング(深層学習)の技術を活用して開発を実施しました。

今回の開発にあたっては、鈴与株式会社、佐川急便株式会社などの協力により、物流倉庫内の実際の荷物の画像を学習させる実証実験を行いました。物流現場では、取り扱う商品や荷物の種類が多岐に渡るため、作業の機械化が難しい領域とされてきました。物流画像判別AIエンジンは、荷物の形状を最大1000種類まで自動的に判別することができ、ロボットによる積み込み・積み下ろし作業や検品・梱包作業の自動化など、物流産業において生じている様々なシーンでの活用が考えられます。

Automagiでは、企業が抱える様々な課題を解決するために、企業独自の画像・動画解析AIエンジンの構築をトータルでサポートする「AMY INSIGHTソリューション」(http://www.amy-ai.com/)のサービスを提供しております。今後も人間の「目」に頼っている業務について、ディープラーニング(深層学習)の技術を使ったAIを開発・提供することで、劇的なコスト削減や効率化を実現することを支援していきます。

お問い合わせ先

Automagi株式会社
TEL
E-mail
URL
事業開発部 清水(しみず)
03-5333-6131
pr@automagi.jp

Automagi株式会社について

Automagi株式会社はAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)をキーワードに、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムの開発を担当し実績があります。これら自社開発ノウハウを活かし最先端のAIやIoT分野のソリューションの開発・提供を行っております。

設立
本社
資本金
代表取締役社長
スタッフ数
事業内容
2010年6月4日
〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティタワー28階
336百万円
櫻井 将彦
50名 (2015年3月31日現在)
・最先端のIoT/データ解析分野のソリューションの自社製品開発・提供
・大規模データ処理、高速処理をキーワードにした、通信キャリアや大手企業向けの大規模ユーザシステムの開発事業
・自律型エージェント(AI)、知識データベース、機械学習ソリューションの開発・提供
・海外技術企業の日本市場開拓サポート、事業立ち上げ