AI × ビジネス=AI活用のノウハウ・最新事例セミナーのご案内

セミナー告知ページアイキャッチ画像

 

コミュニケーションツールとして定着してきたAIチャットボットですが、どのような点がこれまでのソリューションより優れていて、導入した企業はどのような効果があったのか?ーみなさんが知りたいその疑問に、AIソリューション「AMY」(エイミー)を1年半で約30社に導入を実現して得られたノウハウをもとに、ソリューションの仕組みや活用方法、企業様の事例をご紹介する無料セミナーを開催いたします。
また、先日発売されたGoogle HomeやAmazon Echoなど、今後ユーザーとのチャネルとして大きな可能性を秘めているスマートスピーカーについて、先行しているアメリカの市場を調べてわかった、利用者像や成功するアプリケーションについても、ご説明します。
さらに、チャットボットの効果を向上させる、お客様の電話をチャットボットに誘導できる画期的なソリューションである、ビジュアルIVR「モバイルセレクト」についても、ご紹介します。NTTドコモ様、楽天モバイル様など、大手企業も導入しているその理由を紹介します。

 

button
■開催日時:  11月22日(水)   14:00-17:00(受付開始:13:30)
■主  催: Automagi株式会社
■参加費用: 無料 (事前登録制)
■定員        :    50名(定員となり次第申込み終了とさせて頂きます)
■会  場:    東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティータワー28階
■アクセス: 京王新線「初台駅」東口 徒歩1分(京王線相互乗り入れ都営新宿線にて新宿から2分)
地図→http://www.tokyooperacity.co.jp/access/
■お問い合わせ:Automagi株式会社 事業開発部 清水
TEL:03-5333-6131 EMAIL:contact@automagi.jp

 

■当日プログラム
11月22日(水)
13:30開場
14:00〜14:30  「Google Home、Amazon Echoで流行するサービスの作り方」
14:30〜15:20 「活用事例でわかる、他社と差をつけるAIチャットボットの導入方法」
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:20 「チャットボットの効果アップ!確実に電話からチャットボットに誘導するモバイルIVRとは?
16:20〜17:00 個別商談会

 

■各講演の詳細
————————————————————————————-
アメリカの市場を分析して見えてきた人気サービスとの共通点とは?
「スマートスピーカーの時代がやってくる!Google Home、Amazon Echoで流行するサービスの作り方」

Automagi株式会社
登壇者名:取締役 清水孝治
プロフィール:新卒で大手ISPに入社し、新規サービス企画や事業企画、ベンチャーへの投資や他社とのアライアンス業務に12年間従事。 2014年にAutomagi株式会社に参画し、新規事業開発を担当。2015年にAI事業を立ち上げ、事業責任者として1年半で大手通信会社や金融機関など約30社へのAIソリューションの導入を実現。

講演サマリー:
音声でいろいろなアプリが使えるGoogle Home、Amazon EchoといったAI搭載のスマートスピーカーが、アメリカでは既に1000万台以上が出荷され一大ブームになっています。
日本でもGoogle Homeが発売され、年内にはAmazon Echoも発売されると言われており、アプリの提供を既に検討されている会社も多いと聞いています。
今回は先行しているアメリカの市場を分析してわかった、スマートスピーカーで求められるサービスを、アメリカの人気アプリの事例を豊富に紹介しご説明します。
————————————————————————————-
AIチャットボットで何ができるのか?その効果とは?
「活用事例でわかる、他社と差をつけるAIチャットボットの導入方法」

Automagi株式会社
登壇者名:AIコンサルタント 相馬徹太郎
プロフィール:前職は大規模コールセンターを保有する大手通販企業にて、サービスシステム構築、コールセンター管理、 事業戦略、人事などのバックオフィス部門から、メディア制作、商品開発まで広く携わる。 2016年にAI開発を行うAutomagi株式会社へ入社。 AIビジネスコンサルタントとして、大手通信会社や不動産会社へのプロジェクト導入に複数携わる。

講演サマリー:
昨今、ウェブやアプリ、LINE上で、販促や顧客サポートを自動化するチャットボットの導入が増えてきております。導入によりサポートの人員の削減や、高額な商品がチャットボットの会話経由で売れたという声が、当社のお客様からも聞こえてきています。
金融や通信、不動産まで、既に30社近くにAIチャットボットを導入した当社が、他社のソリュ0ションとの違いや、活用事例を通してビジネスでの効果的な使い方を説明します。
————————————————————————————-
サポートコスト削減と顧客満足度の向上を一気に解決できるシステムとは?
「チャットボットの効果アップ!確実に電話からチャットボットに誘導するモバイルIVRとは?」

モバイルセレクト株式会社
登壇者名:事業戦略本部 部長 川野 真吾
プロフィール:GensysのCTI、Oracleのサービスクラウドのプリンシパルソリューションコンサルタントの経験を経て、2017年現在、自社の提供するサービス提供と共にコンシューマーが手にするスマートフォンを活用したIOR(Intractive Omni-channel Response)のエバンジェリストとして活躍中。

講演サマリー:
チャットボットを導入しても、チャットのサービスを認知させるのが難しいという声をよく耳にします。
モバイルセレクトが提供するビジュアルIVR(自動音声応答)は、スマートフォンから従来通りにコールセンターに“電話”をすると専用アプリが自動的に起動し、画面上にサポートメニューが表示されます。ビジュアルIVRの最初の画面にチャットボットを設置することで、コールセンターに電話をしようとしていたユーザーに確実にチャットボットを利用させることが可能になり、コールセンターのコストを削減を確実に実現いたします。
モバイルセクレトの画期的なビジュアルIVRの仕組みと導入事例、チャットボットとの連携についてご紹介します。
————————————————————————————-

button


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です