AutomagiのAIソリューション『AMY』、 広告審査自動化へ向けカブドットコム証券と実証実験を実施

独自開発のAI(人工知能)ソリューション「AMY」(エイミー)を提供するAutomagi株式会社(代表取締役社長:櫻井将彦、以下「Automagi」)は、カブドットコム証券株式会社(代表執行役社長:齋藤正勝、以下「カブドットコム証券」)とAIを活用した広告審査自動化に向けた実証実験を実施いたしました。今後、実用化に向けて精度の向上を図っていく予定です。AIを導入することでの広告配信における審査の効率化が本実験の目的となります。
Automagiは、企業のマーケティング活動やユーザーサポート業務の高度化と効率化を推進するために、人工知能(AI)を活用したソリューションの提供に努めて参ります。

1. 実施概要と目的

現在、金融機関において業務課題の抜本的な改善を実現する手段として、AIの活用の検討が進んでいます。Automagiではこのようなニーズに応えるため、自社開発のAI技術を活用して、金融機関を対象としたAIソリューションの提供を進めています。
今回の実験では、AIに、金融用語と広告審査指針を元に作成した審査データを機械学習させることで、テキストデータ化された過去の広告審査対象文書から問題抽出、リスク提示が可能かを検証しております。また、検証結果に対するフィードバックを学習させることで、精度の向上を進めます。昨今の金融業界では一般消費者のニーズや金融商品の多様化のため、これまで以上にお客さまへの適切で丁寧な商品説明やお客様対応が求められています。また、フィデューシャリー・デューティーや働き方改革を意識した業務運営も考慮する必要性に迫られており、AI導入により審査時間を縮小し広告作成業務を効率化することを目指します。※※広告審査指針:日本証券業協会「広告等に関する指針」

2. ロードマップ

本実験をすすめて年内にカブドットコム証券社内展開、来年に商用展開予定です。また、将
来的に画像を含めた原稿イメージでの審査、発話情報のリアルタイム審査等への応用を目
指します。

カブコム画像

3. AIソリューション「AMY」について

Automagiが、通信キャリア会社向けエージェント開発などで培ったAI技術・知見をベースに開発した、法人企業が抱える課題を解決するためのAIソリューションです。
人手・知識の必要なマンパワー依存型の運用業務について、最新の機械学習技術と自然言語処理技術を活用し、業務ナレッジの知識データベース化・過去事例の検索推定技術の提供、運用負荷を低減するワークフローの自動処理化をおこなうことにより、企業の運用負荷を大幅低減・省力化します。

お問い合わせ先

Automagi株式会社
TEL
E-mail
URL
デジタルイノベーション部 鈴木英彦(すずきひでひこ)
03-5333-6131
pr@automagi.jp

Automagi株式会社について

Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや人工知能技術を活用した金融機関などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。

設立
本社
資本金
代表取締役社長
スタッフ数
事業内容
2010年6月4日
〒163-1428 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティタワー28階
336百万円
櫻井 将彦
50名 (2015年3月31日現在)
・最先端のIoT/データ解析分野のソリューションの自社製品開発・提供
・大規模データ処理、高速処理をキーワードにした、通信キャリアや大手企業向けの大規模ユーザシステムの開発事業
・自律型エージェント(AI)、知識データベース、機械学習ソリューションの開発・提供
・海外技術企業の日本市場開拓サポート、事業立ち上げ