メディア

まちかど情報室の今回のテーマである「通信して便利です」と題する枠の中で、弊社ソリューション製品「Blu-trail」を利用し、羽田空港にて貸し出し用のベビーカーの位置情報を集め、曜日や時間帯ごとによく利用されている場所を分析し、あらかじめ多くのベビーカーなどを配置したことで、お客さんの待ち時間を短縮できた、と紹介されました。


記事の中では、企業の間で働く人やモノにセンサーを取り付け、その動きを把握することで作業の効率化を図ろうという動きが広がる中、弊社が日本にて展開を行うアメリカのTenDegrees社の持つ、世界をリードするスマートフォンでの屋内位置測位技術を活用して、パナソニック様が佐賀県鳥栖市の工場の製造ラインで活用される様子や、弊社ソリューション製品「Blu-trail」を利用し、日本航空様と共同で羽田空港にて車いすとベビーカー、それに空港スタッフが使う携帯型の無線通信機に電波装置をつけて「動線分析」の実証実験を行った様子が取り上げられました。


ニュースの中では、働く人や物にセンサーを取り付け、その動きを把握する動線分析で効率化を図ろうとする動きが広がる中、弊社ソリューション製品「Blu-trail」を利用し、羽田空港にて車椅子やベビーカー、空港スタッフの無線通信機に電波装置を取り付け、「動線分析」の実証実験を日本航空様と共同で行った様子が取り上げられ、レット経由で場所をリアルタイムで把握できることにより、今までは混雑時に数が足りなくなるなどの声が利用者より上がっていたが、どのゲートに集中しやすいのか、またスタッフの動きを分析することで業務の効率化につながったとしました。


IoTビジネス、この新たなトレンドが自社のビジネスにどんなメリットをもたらすのかという挑戦において、「Beacon搭載の車いすやベビーカー、IoT活用で業務効率化」にて、弊社ソリューション製品「Blu-trail」を用いて、日本航空様が羽田空港国内線における車椅子、ベビーカーやスタッフがどこにいるのか、そして機材の場所が分かるとどれだけスタッフの業務が変わるのか、これを把握検証することが実験の目的だった、としています。


記事の中では、日本でもビッグデータを活用する弊社のデータサイエンティスト及び弊社ソリューション製品「Blu-trail」を利用し、日本航空様と共同で羽田空港国内線における車椅子、ベビーカーやスタッフがどこにいるのか、パソコンやタブレット経由で場所をリアルタイムで把握できることにより、具体的にどの場所で何が不足しているのかを把握できるようになった様子が取り上げられています。