テレビ

ニュースの中では、働く人や物にセンサーを取り付け、その動きを把握する動線分析で効率化を図ろうとする動きが広がる中、弊社ソリューション製品「Blu-trail」を利用し、羽田空港にて車椅子やベビーカー、空港スタッフの無線通信機に電波装置を取り付け、「動線分析」の実証実験を日本航空様と共同で行った様子が取り上げられ、レット経由で場所をリアルタイムで把握できることにより、今までは混雑時に数が足りなくなるなどの声が利用者より上がっていたが、どのゲートに集中しやすいのか、またスタッフの動きを分析することで業務の効率化につながったとしました。