LoRaWANシステム構築/開発サービス

LoRaWANシステム構築/開発サービス

Automagiでは、IoTデバイスの無線通信技術として世界的に注目されているLoRaWANの通信サービスの提供を行われる事業者様向けに、LoRaWANのネットワークサーバ、アプリケーションサーバのシステム構築を行うサービスを提供しております。

e86c7421-7071-3cee-8355-b3bac6eb1c91

What's LoRaWAN

LoRaWAN※1はLPWA※2(Low Power Wide Area Network) という無線通信規格のひとつで、世界の通信会社や半導体メーカーなどが加盟する国際標準化団体「LoRa Alliance」※3が推進するオープンな国際無線通信規格です。最長十数キロの長距離通信、低消費電力などが特長で、利用にあたって通信のライセンスが不要な920MHz帯域を利用しています。

※1 LoRaWANは、LoRa Alliance が技術仕様を作成し公開しているMACレイヤのオープンな規格です。

※2 LPWA(Low Power Wide Area)とは、低消費電力・長距離伝送を特長とする無線通信規格。

※3 LoRa Allianceとは、2015年米国にて設立された、LoRaWANを策定・推進する国際標準化団体。

LoRaWANの特長

  • 広域通信(数km)
  • 低消費電力
  • 単純なスター型トポロジかつ長距離を飛ぶためリピータやメッシュ・ルーチングが不要
  • 低データ・レート
  • 低コスト

AutomagiのLoRaWAN構築/開発サービス

Automagiが長年携わっている携帯電話会社向けの大規模システムの受託開発で培った信頼性の高いサーバシステムの構築技術と、2013年から取り組んできたIoT分野での技術コンサルティングとシステム開発のノウハウを活かし、事業者様ごとの個別の要件を満たす、LoRaWANのプラットフォームのシステムを構築いたします。

また、Automagiは、LoRaWANの仕様策定を推進する「LoRa Alliance」にも加盟しており、LoRaの普及に向けて活動をしております。

AutomagiのLoRaWAN構築/開発の特長

  • 事業者様のご指定のサーバ環境でシステムを構築(AWS、Azureなど、クラウド上での構築も可能です。)
  • 複数の企業への提供が可能なマルチテナント方式でのシステム
  • 事業者様のご指定のセンサー機器、ゲートウェイ機器に対応が可能
  • LoRaWANのClass Aに加え、各クラスに対応可能
  • プラットフォームとして必要な機能のコンサルテーションも実施
  • プラットフォームの構築だけでなく、運用保守の実施も可能

当社サービス・ソリューションにご興味がおありでしたら、ぜひお問い合わせください

Get in Touch